看護師求人ならジョブデポ看護師 小児科の看護師が仕事や業務で必要となる知識まとめ

小児科の看護師が仕事や業務で必要となる知識まとめ

TORCH症候群とは?それぞれの原因と症状、検査を徹底解説

産婦人科で働いている看護師は母体から胎児へ感染する垂直感染(母子感染)について、詳しく知っておく必要があります。母子感染の感染症の中でも胎児へのリスクが高いものをTORCH症候群と呼びます。 TORCH症候群の基礎知識と原因・症状、検査について説明していきますので、実際の看護の参考にしてください。   1、TORCH症候群とは TORCH症候群とは、母子感染の原因

続きを見る

IgA血管炎の看護|原因や症状、ガイドラインや看護の7ポイント

あなたはIgA血管炎という疾患について、正しい知識を持っていますか?今、IgA血管炎の患者さんを受け持つことになったら、適切な看護ができるでしょうか? IgA血管炎の基礎知識とガイドラインによる治療、IgA血管炎の看護のポイントをまとめましたので、実際の看護の参考にしてください。   1、IgA血管炎とは IgA血管炎とは、紫斑、関節痛、腹痛、腎障害を主症状とする

続きを見る

クベースとは|看護用語

クベースとは クベースとは、超低出生体重児、極低出生体重児、在胎35週未満の低出生体重児等が全身管理を行うために入る透明箱型の医療機器で、一般的にNICU(Neonatal Intensive Care Unit)で使用されています。「保育器」という言葉がよく使われています。クベースには以下のような種類があり、新生児の状態により閉鎖式または開放式が選択されます。  

続きを見る

発達障害を持つ子どもの心身をケアするための2つの看護計画

自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害などからなる発達障害。発達障害をもつ子どもはその症状により学校になじめず不登校となったり、心のトラブルだけでなく心因性の身体症状を伴うことがあります。少しの言葉で傷付きやすいので、今何で悩んでいるのか、信頼関係を築きながら援助していくことが大切です。発達障害を持つ子どもの心と体のケアと看護計画についてお話します。

続きを見る

カウプ指数|計算式・方法、基準値、評価や看護の4つのヒント

成人の場合、肥満かどうかを表す指数はBMI(Body Mass Index)を用いますが、これは乳幼児には当てはまりません。乳幼児の栄養状態の確認や肥満判定に用いられる指数がカウプ指数です。乳幼児期の肥満は、将来の肥満につながります。 また、子どもの頃から動脈硬化が進行しますので、生活習慣病の原因になります。さらに子どもの肥満は日常生活にも影響をきたし、子どものQOLを下げる可能性も

続きを見る

乳児院で働く看護師が知っておくべき6つの要点

「乳児院」と聞いてみなさんはどのような仕事を思い浮かべますか?看護師の職場は病院に限らず介護施設や老人福祉施設、保育園、幼稚園、乳児院などにもあります。様々な看護職の中で、ここでは乳児院についてご紹介します。これから「乳児院で働いてみたい!」とお考えの看護師さんの参考にしていただけたらと思います。   1、乳児院とは 乳児院とは、棄児、両親の病気あるいは死亡などの理由、

続きを見る

ファロー四徴症の看護|ファロー四徴症の原因や症状とその看護計画

先天奇形であるファロー四徴症は、心室中隔欠損、肺動脈狭窄、大動脈騎乗、右室肥大の四徴からなり、頻脈、多呼吸、哺乳不良、無酸素発作などを起こす重大な疾患です。3歳までを目安に手術が行われますが、子どもは手術をするということを理解できなかったり、怖がって啼泣し術前に無酸素発作を起こしてしまったりと、術前術後の看護は非常に難しいです。安心して手術に臨めるよう、また術前の発作に対応できるよう、ここでしっか

続きを見る

脳性麻痺の看護計画|定義、原因、特徴と看護過程、看護問題

脳性麻痺とは、妊娠中から生後4週以内に脳が損傷したことで運動障害が起こる疾患のことです。脳性麻痺は患者1人1人、それぞれ症状や合併症、障害の程度が異なりますので、個別性を重視して看護をしていく必要があります。 脳性麻痺の定義や原因、特徴、看護過程・看護問題・看護計画をまとめました。   1、脳性麻痺の定義 脳性麻痺とは生後4週以内に脳の損傷が原因で、運動や姿勢に異

続きを見る

新生児の看護|看護過程や看護問題、観察項目、看護目標、看護計画

出生直後の新生児は、体温や呼吸、循環が不安定な状態ですから、看護師は異常の早期発見に重点を置きながら、新生児の看護をしていく必要があります。 新生児の基礎知識や看護過程、看護問題、観察ポイント、看護目標・看護計画をまとめました。新生児のケアをするときの参考にしてください。 1、新生児とは 新生児とは、生後28日未満の子どものことです。生後28日以降になると、乳児と呼ばれるようにな

続きを見る

熱性痙攣の看護|症状や看護問題、目標・観察と小児に対する看護

熱性痙攣(けいれん)は、乳幼児期に38℃以上の発熱が原因で起こる発作性疾患のことです。熱性痙攣を起こした時には、正しい観察と対応をすることが大切になります。 熱性痙攣の基礎知識や症状、看護問題、看護目標・計画、観察や対応のポイントをまとめました。小児看護をする時の参考にしてください。   1、熱性痙攣(けいれん)とは 熱性痙攣(けいれん)とは、乳幼児期(生後6ヶ月

続きを見る

看護用語

アセチルコリンエステラーゼとは?働きや阻害薬の作用も解説!

日本の高齢化が急速に進行することに伴い、認知症患者、特にアルツ

看護用語

アジソン病の看護|基本情報や症状、看護の5つのポイント

内分泌系の疾患にはいろいろな種類があり、それぞれ症状が違うので

看護用語

はやり目とは?流行性角結膜炎の症状や看護の5ポイントを解説

とても感染力が強く、昔から俗に「はやり目」と呼ばれている眼感染

看護用語

もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)の症状や治療、看護のポイント

「もやもや病」はその病名から、それほど重篤な病気ではないという

看護用語

こむら返りとは?原因や予防法・看護の5つのポイントを解説

ほとんどの人が「足がつった!」という経験を持っていると思います

看護師求人 ジョブデポ