看護師求人ならジョブデポ看護師 TORCH症候群とは?それぞれの原因と症状、検査を徹底解説 | ナースのヒント
ナースのヒント
いまさら聞けない!看護用語

TORCH症候群とは?それぞれの原因と症状、検査を徹底解説(2021/03/17)

公開日: : 看護師 宮城県 看護用語 

産婦人科で働いている看護師は母体から胎児へ感染する垂直感染(母子感染)について、詳しく知っておく必要があります。母子感染の感染症の中でも胎児へのリスクが高いものをTORCH症候群と呼びます。

TORCH症候群の基礎知識と原因・症状、検査について説明していきますので、実際の看護の参考にしてください。

 

1、TORCH症候群とは

TORCH症候群とは、母子感染の原因となる疾患群で、特に感染すると母体への影響は軽微ながら、胎児への影響は大きく重篤な後遺症のリスクがあるものを指します。

それらの感染症の英語での頭文字を取って、「TORCH症候群」と呼ばれるようになっています。

・T:Toxoplasmosis(トキソプラズマ)

・O:Other(その他:B型肝炎ウイルス、梅毒、パルボウイルスB19、水痘など)

・R:Rubella(風疹)

・C:Cytomegalovirus(サイトメガロウイルス)

・H:Herpes simplex virus(単純ヘルペスウイルス)

妊娠中に母体がこれらの感染症に感染しても、風邪程度で済み、命への影響はほとんどない場合が多いです。

しかし、胎児への影響は大きく、流産や死産、胎児奇形などを引き起こしたり、新生児期に低体重や血小板減少、肝脾腫などの先天性感染症状を引き起こすことがあります。

TORCH症候群の中でも、特に多いのが先天性サイトメガロウイルス感染です。日本における1年間の症例数はこちらです。1

・先天性サイトメガロウイルス感染(CMV):1000例(後遺症あり)

・先天性トキソプラズマ感染:200例

・先天性ヘルペス感染・新生児ヘルペス:27例

・先天性梅毒感染:18例

・先天性パルボウイルスB19感染:8例

・先天性風疹感染:0~5例

現在の年間出生数は約90万人です。ということは、900人に1人は先天性サイトメガロウイルス感染による何らかの後遺症があるということになります。

そう考えると、TORCH症候群は妊婦にとって非常にリスクが高く、看護師などの医療職者はTORCH症候群予防のための情報提供を積極的に行う必要があるとわかりますね。

 

2、TORCH症候群の原因と症状

TORCH症候群の原因と症状を、それぞれの感染症ごとに説明していきます。

 

2-1、トキソプラズマの原因と症状

■トキソプラズマの原因

トキソプラズマは猫や豚に寄生するトキソプラズマ原虫が原因の感染症です。トキソプラズマ原虫は猫の糞や生肉・十分に加熱していない肉(豚・鶏・羊肉)に含まれています。

そして、母体への感染経路は経口感染です。猫の糞に触った手から、もしくは生肉・加熱不十分な肉を食べたことが原因で感染します。

胎児への感染経路は経胎盤感染になります。

 

■トキソプラズマの症状

母体がトキソプラズマに感染しても、無症状のケースが多いです。場合によっては発熱や頸部リンパ節腫脹などの症状が現れます。

胎児に感染が起こると、流産・死産、脳内石灰化、水痘賞、脈絡網膜炎、精神運動障害などが起こります。

妊娠初期での感染は胎児感染率は10%以下と低いですが、胎児への影響はより大きく、症状が重症化する傾向があります。

先天性トキソプラズマ感染症に罹患した新生児は、4~27%で脈絡網膜炎を発症して視力障害を起こし、1~2%で知的障害があったり死亡したりします。

2-2、梅毒の原因や症状

■梅毒の原因

梅毒は梅毒トレポネーマに感染することが原因の感染症で、性感染症の1つです。感染部位と粘膜・皮膚の直接接触が原因で感染します。

胎児への感染は経胎盤感染です。母体が無治療の第1期~第2期の場合は母子感染が起こり、潜伏梅毒や第3期だと母子感染の確率は20%程度で、全体での母子感染の確率は60~80%とされています。

 

■梅毒の症状

母体の梅毒の症状は、まず感染部位にしこりができたり、鼠径部のリンパ節の腫脹が起こります。その後、いったん症状は軽快しますが、無治療だと第2期に移行してバラ疹が出現します。

胎児は梅毒に感染したら、無症状であることも少なくありませんが、先天性梅毒を発症することもあります。先天性梅毒は皮膚病変やリンパ節腫脹、膜炎、脈絡膜炎、水頭症、痙攣、知的障害、仮性麻痺などの症状が現れます。

また、遅発性先天梅毒として7~14歳ごろにゴム腫性潰瘍、骨膜病変、視神経委縮、中枢神経障害等が現れることもあります。

 

2-3、パルボウイルスB19の原因の症状

■パルボウイルスB19の原因

パルボウイルスB19は伝染性紅斑(リンゴ病)の原因ウイルスです。パルボウイルスB19の感染経路は飛沫感染や接触感染ですので、母体の感染原因は近くにリンゴ病の患者がいたことです。

胎児への感染経路は経胎盤感染です。妊婦がパルボウイルスB19に初めて感染した場合、約20%の確率で胎児感染を起こします。

 

■パルボウイルスB19の症状

パルボウイルスB19に母体が感染した場合、リンゴ病の症状(発熱・鼻汁、両頬の赤み、手足の網目状の発疹)等が現れます。

胎児に感染した場合は、流産・死産に至るほか、胎児水腫、胎児腹水、胎児貧血、心拡大、胎児発育不全、肝脾腫などの症状が現れます。

 

2-4、風疹の原因と症状

■風疹の原因

風疹の原因は風疹ウイルス(rubella virus)への感染です。母体への感染は飛沫感染や接触感染です。

胎児への感染経路は経胎盤感染になります。妊娠3ヶ月までに母体が風疹に感染すると、母子感染の発症率は10~40%と高くなっています。

 

■風疹の症状

妊婦が風疹に感染すると、発熱や発疹、リンパ節腫脹などの症状が現れますが、10~20%は不顕性感染です。

胎児に感染すると、先天性風疹症候群を発症します。先天性風疹症候群の症状は、難聴や眼症状(白内障・緑内障・色素性網膜症)、先天性疾患などがあります。

 

2-5、サイトメガロウイルスの原因と症状

■サイトメガロウイルスの原因

サイトメガロウイルスは接触感染・性行為感染・母子感染・輸血など様々な感染経路で感染しますが、日本人妊婦の約70%はサイトメガロウイルスの抗体を持っています。

胎児・新生児への感染原因は、産道感染・経胎盤感染・母乳感染等があります。

以前は、妊婦の約90%が抗体を持っていましたが、抗体保有率が下がってきているため、胎内感染が増加してきています。

 

■サイトメガロウイルスの症状

サイトメガロウイルスに母体が感染しても、ほとんどが無症状で済みます。しかし、経胎盤感染によって胎児が感染すると、先天性サイトメガロウイルス感染症を発症します。症状には小頭症や網膜脈絡膜炎、肝脾腫、巨細胞封入体症などがあります。

引用:小児難聴 | 奈良県立医科大学 耳鼻咽喉・頭頸部外科学

また、遅発性の症状として難聴や精神発達遅滞、運動障害等が現れることがあり、小児の難聴の原因の4分1はサイトメガロウイルスというデータもあります。

 

2-6、単純ヘルペスウイルスの原因の症状

■単純ヘルペスウイルスの原因

単純ヘルペスウイルスは性器ヘルペスの原因となるウイルスです。感染力が非常に強いことが特徴です。母子感染の経路は主に産道感染ですが、経胎盤感染が起こることもあります。

 

■単純ヘルペスウイルスの症状

妊娠中に単純ヘルペスウイルスに感染すると、痛みを伴う水疱が陰部や肛門部に多発します。経胎盤感染が起こると、先天性感染症を発症します。先天性感染症の発症は稀ですが、発症すると小頭症や水頭症など重篤な中枢神経系異常の症状が現れます。産道感染による新生児ヘルペスは多臓器不全で死亡したり、脳障害が起こすことがあります。

 

3、TORCH症候群の検査

TORCH症候群は基本的に血液検査での抗体の有無で診断します。単純ヘルペスウイルスは、細胞診の検査で診断することもあります。

しかし、TORCH症候群の抗体検査は、妊娠中に全部必ず行われるわけではなく、スクリーニングされずに見逃されることもあるのです。

特に、特にサイトメガロウイルスやトキソプラズマの検査は、妊娠時にルーティンで行われることは多くなく、希望者のみ・追加オプションとして検査することが多いです。

サイトメガロウイルスやトキソプラズマは、母体が感染しても無症状であり、気づかないままに感染していることも多いのが現状です。

 

まとめ

TORCH症候群の基礎知識やそれぞれの感染症の原因と症状、TORCH症候群の検査についてまとめました。TORCH症候群は母体への影響は少ないけれど、胎児・新生児への影響は非常に大きく、恐ろしい症候群です。

しかし、検査や予防法の実践で、胎児・新生児への影響を少なくすることはできます。看護師は妊婦と接する時はTORCH症候群に関する正しい情報を提供するようにしましょう。

 

参考文献

1)山田秀人 神戸大学産科婦人科学教室 平成27年度「母子感染の予防と対策」研修会 母子感染の基礎知識

サイトメガロウイルス感染症とは|国立感染症研究所

日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局-情報-感染症

妊婦が感染すると胎児に感染(先天性感染)するサイトメガロウイルス母子感染の実情と症状|厚生労働科学研究費補助金成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業

 

山下佳代 看護師

1983年生まれ。宮城県石巻市出身。正看護師歴10年。看護短大を経て、仙台市立病院の小児科で勤務。その後、小児科での経験を生かし、保育園看護師として同市内の保育園に就職。現在は1児のママとして、育児の傍らWEBライター・ブロガーとして活動している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ナースのヒント の最新記事を毎日お届けします

こちらの記事もおすすめ

PICCカテーテルの看護 看護技術

PICCカテーテルの看護|安全な管理方法と観察ポイント

末梢から挿入する中心静脈カテーテル、PICC。中心静脈カテーテルCVに比べ、感染リスクの低さ

記事を読む

傷創処置の看護 看護技術

1次治癒・2次治癒の両面における創傷処置の看護のポイント

創傷への対応として挙げられる創傷処理と創傷処置。特に、感染症などの被害を防ぎながら患者の治癒

記事を読む

看護用語

動脈血二酸化炭素分圧(PaCO2)とは?正常値や上昇・低下の原因を解説

あなたは血液ガスデータをきちんと読むことができますか?血液ガスのデータの意味を正しく理解でき

記事を読む

オペナース 看護師あるある

新人ナースに贈る!オペ室で働く前の予備知識と看護師あるある3選

私は手術室で働く看護師です。手術室といえば、患者さんにとっては非日常の極みであり、病棟ナース

記事を読む

看護計画

倦怠感の看護計画|倦怠感を引き起こす原因と看護問題とケア

ストレス過多の現代人にとって、疲労感・倦怠感を避けることはなかなか難しく、慢性疲労に悩んでい

記事を読む

看護用語

アセチルコリンエステラーゼとは?働きや阻害薬の作用も解説!

日本の高齢化が急速に進行することに伴い、認知症患者、特にアルツ

看護用語

アジソン病の看護|基本情報や症状、看護の5つのポイント

内分泌系の疾患にはいろいろな種類があり、それぞれ症状が違うので

看護用語

はやり目とは?流行性角結膜炎の症状や看護の5ポイントを解説

とても感染力が強く、昔から俗に「はやり目」と呼ばれている眼感染

看護用語

もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)の症状や治療、看護のポイント

「もやもや病」はその病名から、それほど重篤な病気ではないという

看護用語

こむら返りとは?原因や予防法・看護の5つのポイントを解説

ほとんどの人が「足がつった!」という経験を持っていると思います

看護師求人 ジョブデポ