ナースのヒント

吸引の看護|口腔・鼻腔・気管カニューレ内吸引の手技と留意点(2016/04/13)

公開日: : 最終更新日:2017/12/09 大阪府 全科共通 

吸引看護

鼻水や唾液などの喀痰の排出を介助的に行う吸引。操作自体はそれほど難しいものではありませんが、いくつか気をつけなければならないことがあり、間違った方法で行うと患者の負担になるばかりか、時として症状の悪化や感染症などの二次的疾患を招いてしまいます。

当ページでは、口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内の3つの吸入法について詳しくご説明しますので、吸引において不安があるという方は最後までお読みいただき、参考にして頂ければ幸いです。

 

1、吸引(喀痰)とは

私たちは、鼻をかんで鼻水を排泄したり、すすって唾液として吐いたり、唾液を飲み込むことで自力で鼻水・唾液の排泄を行います。

しかしながら、加齢に伴う反射機能の低下、嚥下障害があり胃の中に飲み込めない、咳ができない、気管支拡張症や肺化膿症など痰が多く出る疾患を有している、気管切開をしている場合など、自力ですべての鼻水・唾液を排泄できないとそれは局所に溜まっていき、呼吸困難や窒息、肺炎などの感染症の原因となってしまいます。

それら二次的症状・疾患を防ぐために、また安楽のために看護師が吸引装置を用いて、自力排泄が困難な患者の喀痰(唾液や鼻水など)を吸引してあげることが必要となるのです。

なお、吸引には鼻の穴から吸引カテーテルを入れる「鼻腔内吸引」、口腔内に吸引カテーテルを入れる「口腔内吸引」、そのほか気管切開している患者には気管カニューレ内に吸引カテーテルを入れる「気管カニューレ内吸引」があります。

 

2、吸引が必要となる病態・疾患

吸引が必要となるのは、主に「嚥下障害、嚥下反射が弱い」、「一次的に嚥下・呼吸機能に障害がある」、「二次的に嚥下・呼吸機能が低下している」場合です。また、これら以外でも患者が必要とする場合には適宜、行います。

 

嚥下障害、嚥下反射が弱い

事故による脳外傷、脳血管障害や低酸素血症による重度の脳障害、遷延性の意識障害や高度の脳発達障害のある先天性疾患や脳性麻痺等の重症心身障害児など、反射的な嚥下や咳き込むのが困難な場合。

 

一次的に嚥下・呼吸機能に障害がある

脳梗塞脳出血、筋ジストロディー、進行期のパーキンソン病、筋委縮側索硬化症などの神経筋疾患を有する場合。

 

二次的に嚥下・呼吸機能が低下している

寝たきりの高齢者、神経筋疾患以外の症例に伴う全身の運動機能の低下とともに嚥下・呼吸機能が二次的に低下している場合。

 

3、喀痰の性状

喀痰の性状は、主に吸い込んだホコリの量や細菌の種類などによって変化しますが、通常時はやや粘り気があり無色透明~白色で、臭味はありません。

一方、粘り気が強く黄色~緑色で、臭味が強い場合には細菌に感染している場合があり、口腔内・鼻腔内・気管などに傷がついている場合には、血の混じった赤い喀痰が出ます。血の混じった喀痰においては、少量であれば問題はありませんが、真っ赤なサラサラした喀痰であれば緊急を要する出血をしている可能性があるため、早急に医師に報告し対処しなければいけません。

なお、粘り気が強いとき、色味が黄色~緑色のとき、臭味が強いとき、喀痰が硬いときには、体内の水分が不足している可能性もあります。喀痰の性状が通常ではない場合には注意深く経過観察する必要があります。

吸引は単なる喀痰の排出と考えられがちですが、喀痰の性状によって患者の状態や疾患を判断できることが多々ありますので、吸引時には性状をしっかり確認するようにしてください。

正常な喀痰 異常な喀痰
  • やや粘り気がある
  • 無色透明~やや白っぽい
  • 臭味なし
  • 粘り気が強い(またはサラサラしている)
  • 黄色~やや緑色っぽい
  • 臭味が強い
  • 濁りが強い
  • いつもより喀痰の量が多い
  • 硬くまとまっている
  • 血液が混じっている

 

4、吸引が必要となる時

通常は、ナースコールを通して患者から依頼を受けた時に行います。また、食後や飲水後は喀痰が溜まりやすいため、飲食において介助を必要とする場合には飲食後に吸引の実施を伝え、同意があれば吸引を行います。

さらに、状況によっても吸引を必要となる場合があります。たとえば、唾液が口の中に溜まっている、上気道でゴロゴロとした音がする、呼吸器アラームが鳴っている、酸素飽和度の値が低下している、明らかに呼吸がしにくそうな場合など、状況に応じて患者の同意のもと行います。

注意点として、時間を決めて定期的に吸引するのではなく、必要なときにのみ行うようにしてください。

吸引が必要となる時
  • ナースコール
  • 患者の表情により要望をキャッチする
  • 異物の音が聞こえる(ゴロゴロ、ヒューヒューなど)
  • 胸を触ると音が響く
  • 呼吸器アラーム(気道内圧の上昇)
  • 血中酸素飽和度の低下

 

5、吸引の手順

ナースコールや訪室時の患者の依頼によって吸引を行う際、まずは手洗いやカテーテルの清潔・無菌、ベッド周辺の掃除・片付けなど、感染予防に取り組んでください。ベッド周辺の掃除は軽視されがちですが、吸引に使用する各種物品が汚れてしまい感染症の原因となる恐れがありますので、掃除・片付けはしっかりしておいてください。

また、始めるにあたって「声かけ」も非常に大切です。心の準備または体の準備ができていないうちにカテーテルを挿入すると、苦痛により驚き、カテーテルが気道粘膜に接触したり、誤嚥を起こしたりと支障をきたします。患者の同意を確認するという意味でも、吸引開始時には必ず声かけを行ってください。

 

口腔内・鼻腔内吸引の手順

  1. 吸引における意思・同意を確認する
  2. 手洗いの後、必要に応じて未滅菌手袋をはめる
  3. 吸引カテーテルを吸引器に連結した接続管に繋げる
  4. 吸引カテーテルを利き手に持ち、反対の手で吸引器の電源を入れる
  5. 親指で吸引カテーテル先端、あるいは根元を塞ぐ
  6. 吸引圧が20KPa以下であることを確認する
  7. 声かけを行い、開始の旨を伝える
  8. 指で吸引カテーテルを軽く折り曲げ、陰圧をかけずに口腔内に挿入する
  9. 折り曲げていた指を離し、捻じるように回転させながら吸引する
  10. 吸引終了の旨を伝える
  11. 吸引カテーテルの外側をアルコール綿で拭き取る
  12. 吸引カテーテルと接続管の内腔を水で洗い流す
  13. 吸引器の電源を切って終了する

 

気道カニューレ内吸引の手順

  1. 吸引における意思・同意を確認する
  2. 手洗いの後、使い捨ての手袋をはめる
  3. 吸引カテーテルを吸引器に連結した接続管に繋げる
  4. 吸引カテーテルを利き手に持ち、反対の手で吸引器の電源を入れる
  5. 親指で吸引カテーテル先端、あるいは根元を塞ぐ
  6. 吸引圧が20KPa~26KPa以下であることを確認する
  7. 声かけを行い、開始の旨を伝える
  8. 人工呼吸器使用者の場合、フレキシブルチューブのコネクタを気管カニューレから外す
  9. 指で吸引カテーテルを軽く折り曲げ、陰圧をかけずに気管カニューレ内に挿入する
  10. 折り曲げていた指を離し、ゆっくり引きながら15秒以内に吸引する
  11. 人工呼吸器使用者の場合、フレキシブルチューブのコネクタを気道カニューレに接続する
  12. 吸引終了の旨を伝える
  13. 吸引カテーテルの外側をアルコール綿で拭き取る
  14. 吸引カテーテルと接続管の内腔を水で洗い流す
  15. 吸引器の電源を切って終了する

 

6、吸引時の注意点

口腔内や鼻腔内、気道内の粘膜は非常に柔らかいため、吸引チューブの不適切な操作により細かい血管が傷つき出血する場合があります。また、圧をかけることで吸引を行いますので、必然と苦痛や不快感が伴います。そのため、吸引チューブの操作は適切に、そして細やかな配慮が必要不可欠です。

また、吸引による感染が懸念されます。一度感染を起こすと治すのが難しく、呼吸困難をさらに悪化させ、時として死に至ることもあります。カテーテル側の無菌操作に加え、看護師側の減菌・清潔管理もしっかり行わなければいけません。

 

迅速かつ効率的な吸引を

口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内、すべての吸引では、カテーテルによる刺激や吸引時の圧によって苦痛や不快感が伴います。患者が動くことでカテーテルが粘膜に接触することがあり、これにおいては防ぎようがありませんが、看護師側のミスで接触させるのは防がなければいけません。

さらに、吸引が長引くことで苦痛や不快感の時間も長くなり患者の負担になってしまいます。場合によっては低酸素血症や肺胞虚脱(主に気管カニューレ内吸引)を起こすこともありますので、迅速かつ効率的に可能な限り10~15秒以内で吸引を終わらすようにしてください。

 

挿入深度に注意し適切な操作を

カテーテルの挿入深度を見誤り、必要以上に挿入してしまうと、口腔内であれば嘔気・出血、鼻腔内・気管カニューレ内であれば苦痛・出血などを伴います。口腔内での嘔気は消化管内の飲食物の逆流をもたらすこともあり軽視できません。

カテーテルを挿入する長さの目安は、口腔内が10~12cm、鼻腔内が15~20cm、気管カニューレ内が12~15cmですが、人それぞれ異なりますので、あくまで目安とし、各患者に合わせた深度に止めてください。

また、口腔・鼻腔・気管すべてにおいて湾曲させて挿入しなければ奥まで入りません。この際、カテーテルが各部の粘膜に接触すると出血することがあります。また、異なる場所に挿入するとさまざまな支障をきたします。必ず構造をしっかり把握した上で、粘膜に接触させないのはもちろん、不適切な場所に挿入しないよう注意してください。

 

感染予防のために清潔・無菌操作を

人間の体は外からの多少の細菌では感染は起こりにくいものの、吸引介助を必要とする患者は健康な人と比べて免疫力が低下しています。それにより、通常よりも感染症の発症率は高いと言えます。

また、上気道(口腔・鼻腔・咽頭・ 喉頭)は常在菌や弱毒菌が住み着いていますが、それより下の下気道は原則として無菌状態です。ゆえに、特に気道カニューレ内吸引は無菌的に行わなければいけません。口腔・鼻腔吸引においては原則として無菌的に行う必要はありませんが、看護師の手やカテーテルは清潔にし、感染予防に努める必要があります。

なお、患者の中には上気道に各種抗生物質に抵抗性を持った薬剤耐性菌(メチリン耐性ブドウ球菌・多剤耐性緑膿菌など)が住み着いている場合があります。健康な人なら感染しないものの、免疫力の弱った患者は重篤な感染症を起こし治療も困難であるため、院内感染に細心の注意を払ってください。

 

まとめ

吸引が初めての方や苦手の方でも機会が多いことですぐに慣れ、短期間のうちに適切に行えるようになりますが、回数を重ねるほど減菌・無菌対策を怠り、カテーテル操作も雑になってしまうものです。

そうなると、看護師側のミスや配慮に欠けた操作により、患者の負担増、粘膜からの出血・炎症、低酸素血症・肺胞虚脱、感染症などを起こしてしまいます。

慣れれば手技自体は簡単ですが、慣れてきた頃の事故の発生率が高く、時として重篤な疾患に発展することもありますので、吸引時間やカニューレの挿入深度や減菌・滅菌操作などを常に意識し、また時には初心に戻って注意点などを確認しておいてください。

横山香織 看護師

京都府出身、大阪府在住。大阪府内の一般病院で呼吸器科に8年間就業の後、現在はフリーの看護師として、さまざまな医療現場で働きながら、看護分野に関する取材や執筆活動を精力的に行っている。座右の銘は「健康第一」。過酷な看護業務に耐えうるため、また患者に対する献身的な看護を実施するため、自身の健康も必要と考え、2012年からマラソンを始める。現在では各地のイベントや大会に参加するなど、活躍の場は看護のみにとどまらない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ナースのヒント の最新記事を毎日お届けします

こちらの記事もおすすめ

看護用語

アジソン病の看護|基本情報や症状、看護の5つのポイント

内分泌系の疾患にはいろいろな種類があり、それぞれ症状が違うので、少しややこしく感じることもあ

記事を読む

看護用語

【2023年最新】GCUの看護|配置基準や役割・目的と看護目標・看護計画

大学病院や小児専門病院等には周産期医療センター・母子医療センターがあり、NICUやGCUを持

記事を読む

冠動脈バイパス術(CABG)の看護 看護用語

冠動脈バイパス術(CABG)の看護|適応と合併症、術前・術後のケア

日本では現在、毎年約5万例の心臓手術が行われていますが、その約3分1を心筋梗塞や狭心症患者を

記事を読む

看護計画

腹水穿刺の看護|腹水穿刺の介助方法とリスクとその看護計画

腹水が貯留する疾患は多々あります。腹水の貯留は、呼吸苦や見た目の悩みといった、ADL、QOL

記事を読む

パーキンソン病看護 看護計画

パーキンソン病の看護|症状や原因などの観察項目から見るケアと看護計画

50歳以上に発症する場合が多い「パーキンソン病」。運動症状や自律神経症状、精神症状などが現れ

記事を読む

風疹・麻疹看護 看護用語

【2023年最新】麻疹・風疹の看護|予防接種や症状・合併症、発熱時の看護

麻疹(はしか)や風疹は予防接種がありますので、そこまで感染者数

授乳看護 看護技術

【2023年最新】授乳の看護|目標や姿勢、観察項目と看護ポイント

産科病棟で勤務している看護師は、出産後の母親の授乳の看護ケアを

食中毒看護 看護用語

【2023年最新】食中毒の看護|原因・症状・看護・予防

食中毒は腹痛や嘔吐、下痢などを引き起こす疾患です。 以前

スキンケアの看護 看護計画

【2023年最新】スキンケアの看護|看護目標・計画と手順・資格

あなたはスキンケアに力を入れて看護していますか?入院中の患者さ

腹痛の看護 看護計画

【2023年最新】腹痛の看護|観察ポイントやアセスメント・部位別疾患と看護計画

腹痛の患者さんを看ることは多いと思いますが、あなたはきちんと腹