宮城県の看護師転職・求人サポートの顧客満足度第1位
無料転職サポート
宮城県の求人件数4,314

宮城県の病床数ランキングBEST10

  • 10位医療法人 松田会 エバーグリーン病院
    医療法人 松田会 エバーグリーン病院
    • 宮城県仙台市泉区
    • 常勤(日勤のみ)
    • 病床数200
    • 年間休日108日
  • 9位財団法人 広南会 広南病院
    財団法人 広南会 広南病院
    • 宮城県仙台市太白区
    • 常勤(日勤のみ)
    • 病床数209
    • 年間休日123日
  • 8位医療法人 松涛会 南浜中央病院
    医療法人 松涛会 南浜中央病院
    • 宮城県岩沼市
    • 常勤(日勤のみ)
    • 病床数242
    • 年間休日105日
  • 7位医療法人 吉田報恩会 春日療養園
    医療法人 吉田報恩会 春日療養園
    • 宮城県仙台市太白区
    • 常勤(日勤のみ)
    • 病床数250
    • 年間休日82日
  • 6位社会医療法人 将道会 総合南東北病院
    社会医療法人 将道会 総合南東北病院
    • 宮城県岩沼市
    • 常勤(日勤のみ)
    • 病床数271
  • 5位医療法人 仙台医療福祉会 仙台富沢病院
    医療法人 仙台医療福祉会 仙台富沢病院
    • 宮城県仙台市太白区
    • 常勤(日勤のみ)
    • 病床数288
    • 年間休日125日
  • 4位みやぎ県南中核病院企業団 みやぎ県南中核病院
    みやぎ県南中核病院企業団 みやぎ県南中核病院
    • 宮城県柴田郡大河原町
    • 常勤(日勤のみ)
    • 病床数298
    • 年間休日115日
  • 3位医療法人 徳洲会 仙台徳洲会病院
    医療法人 徳洲会 仙台徳洲会病院
    • 宮城県仙台市泉区
    • 常勤(日勤のみ)
    • 病床数315
  • 2位国家公務員共済組合連合会 東北公済病院
    国家公務員共済組合連合会 東北公済病院
    • 宮城県仙台市青葉区
    • 常勤(日勤のみ)
    • 病床数320
  • 1位医療法人財団 明理会 西仙台病院
    医療法人財団 明理会 西仙台病院
    • 宮城県仙台市青葉区
    • 常勤(日勤のみ)
    • 病床数501
    • 年間休日109日

宮城県の年間休日数ランキングBEST10

宮城県の高収入ランキングBEST10

登録してランキングを見る
  • 宮城県の高収入ランキングBEST10
  • 宮城県の高収入ランキングBEST10
  • 宮城県の高収入ランキングBEST10
  • 宮城県の高収入ランキングBEST10
  • 宮城県の高収入ランキングBEST10
  • 宮城県の高収入ランキングBEST10
  • 宮城県の高収入ランキングBEST10
  • 宮城県の高収入ランキングBEST10
  • 宮城県の高収入ランキングBEST10
  • 宮城県の高収入ランキングBEST10

宮城県の看護師が働く施設形態

求人倍率

当グラフは平成24年度時点における東北地方(北海道含む)の「病院」「クリニック」「訪問看護」「介護・特別養護」など、各施設で働いている常勤の看護師・准看護師・助産師・保健師(以下、看護師)の人数を表しています。常勤のみのデータであるためパートや夜勤専属は含まれていません。 「病院」というのは、総合病院や大学病院といった大型医療施設だけでなく、病床が19以上の全ての病院が該当します。宮城の病院に勤務する看護師は12583人で全国19位。東北地方で最も多いのが北海道の42494人(全国3位)。ついで、福島の10780人(23位)、岩手の8617人(31位)、青森の8415人(34位)、山形の7667人(37位)、秋田の7447人(38位)。宮城にある病院の数は142棟と、それほど多くはなく、500床を超える大型病院の数が少ないため、全国19位と平凡な順位になっています。 「クリニック」というのは、病床が19床以下の診療所のことを指します。宮城のクリニックに勤務する看護師は2403人(床あり463人、床なし1940人)で全国15位。宮城は病床がないクリニックが多いのが特徴。なお、東北他県では、北海道が5490人で全国7位、岩手が1717人(27位)、福島が1596人(29位)、青森が1362人(31位)、山形が1038人(39位)、秋田が952人(41位)という結果になっています。 「訪問看護」というのは、訪問看護ステーションのことを指します。宮城の訪問看護ステーションに勤務する看護師は569人で全国14位。最も多いのが東京の2376人。東北他県では、北海道が1529人で全国6位、青森が395人で25位、福島が384人で26位、岩手が300人で34位、山形が243人で40位、秋田が179人で43位。病院勤務の看護師は全国19位だったのに対し、訪問看護ステーションは全国14位であることから、訪問看護の体制はより充実していると言えます。 「介護・特別養護」というのは、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの施設のことを指します。宮城の介護・特別養護施設に勤務する看護師は636人で全国22位。東北他県では、北海道が1592人で全国8位、岩手が730人で19位、福島が649人で21位、秋田が573人で24位、山形が571人で25位、秋田が408人で37位。宮城には介護・特別養護施設の数が少なく、多くが収容人数の少ない小型施設であることが、岩手・福島に負ける大きな要因となっています。

宮城県の看護師、准看護師、助産師、保健師の人数

求人倍率

このグラフは平成24年末時点における東北地方(北海道含む)の各都道府県で働く看護師、准看護師、助産師、保健師の総人数を表しています。 宮城で働く看護師は17213人で全国19位。全国には延べ1015744人の看護師がいるため、約1.7%の看護師が宮城で働いているということになります。なお、全国で最も多いのが東京の90336人。東北他県では、北海道が54555人で全国4位、福島が14590人で25位、岩手が12461人で29位、青森が11758人で34位、山形が10344人で37位、秋田が10001人で38位。宮城は比較的大きな都市(県)であるものの、看護師数が少なく、人口に対する割合も低いため、深刻な看護師不足となっています。 宮城で働く准看護師は6751人で全国22位。東北他県では、北海道が20286人で全国2位、福島が7702人で16位、青森が5751人で27位、秋田が3461人で38位、岩手が3429人で39位、山形が3177人で43位。准看護師はやや少ない傾向にありますが、人口割合でみた場合、全国平均より上であるため、看護師よりも多少充足しています。 宮城で働く助産師は706人で全国14位。東北他県では、北海道が1585人で全国5位、福島が442人で21位、岩手が349人で30位、山形が328人で32位、秋田が312人で34位、青森が288人で38位。看護師や准看護師よりも順位が高く、人口に対する割合も高いため、助産師は比較的、充足傾向にあります。 宮城で働く保健師は973人で全国16位。東北他県では、北海道が2874人で全国2位、福島が882人で21位、岩手が658人で28位、青森が621人で31位、山形が562人で35位、秋田が508人で38位。宮城の保健師数は比較的多く、さらに人口に対する割合も高いため、充足傾向にあると言えます。 総じて、宮城の看護職員の数は比較的多いものの、平成23年の東日本大震災を受けて、全看護職員の数は軒並み減少。しかしながら、ある程度復旧のメドがついた平成27年現在では、転入数が増えたことで、増加傾向にあります。

宮城県の看護師の勤続年数

求人倍率

このグラフは平成24年末時点のもので、勤続年数をもとにした東北地方(北海道含む)にある各都道府県の看護師数を表しています。なお、「従事期間」または「従事開始の理由」が不明のものは計上されていないため、他の統計と一致しない場合があります。 宮城で働く看護師のうち、従事期間が1年未満は952人(全国16位)。全国1位は東京の8449人で、東北地方で最も多いのは北海道の3636人(全国4位)。他県では、福島が749人で23位、山形が590人で32位、岩手が525人で36位、青森が438人で39位、秋田が371人で42位という結果になっています。 宮城で働く看護師のうち、1年以上2年未満は659人(全国16位)。東北他県では、北海道が2607人で全国4位、福島が652人で17位、山形が437人で32位、岩手が384人で36位、秋田が335人で39位、青森が330人で40位。 宮城で働く看護師のうち、従事期間が2年以上は13110人で全国19位。2年未満は16位だったものの、2年以上は19位であり、宮城には他県に転勤する看護師が多いという傾向があります。なお、東北他県では、北海道が39194人で全国3位、福島が11738人で22位、岩手が10270人で28位、青森が9660人で31位、山形が8440人で36位、秋田が8245人で37位。 なお、グラフには示されていませんが、宮城の准看護師は、1年未満が356人で全国23位、1年~2年が276人で21位、2年以上が5160人で22位。助産師は、1年未満が20人で18位、1年~2年は26人で14位、2年以上は556人で14位。保健師は、1年未満が55人で14位、1年~2年は23人で27位、2年以上は785人で18位という結果になっています。

宮城県で働く看護師の人数

求人倍率

当該グラフは平成24時点における東北地方(北海道含む)の各都道府県の人口10万人に対する看護師数を表しています。このグラフから人口(患者)に対して看護師が充足している不足しているかということが分かります。 人口10万人に対する宮城の看護師は740.3人。つまり1000人に対して約7人の看護師しかいない状態で、看護師不足の傾向にあることが分かります。全国平均は796.6人であるため、やや平均を下回る結果となっており、宮城は東北地方で最も低い割合となっています。なお、東北他県で最も割合が高いのが北海道の999.2人(16位)。次いで岩手の956.3人(19位)、秋田の940.8人(21位)、山形の897.9人(25位)、青森の871人(28位)、福島の743.6人(37位)。 なお、当グラフにはありませんが、宮城の准看護師の人口10万人に対する人数は290.4人で、全国平均をやや上回る結果となっています。助産師の場合は30.4人で全国平均を大幅に上回り、全国9位にランクインしており、保健師に至っても41.8人と全国平均を上回っています。 この統計データから、宮城の看護師は不足傾向にあるものの、准看護師、助産師、保健師に関しては比較的充足していることが分かります。しかしながら、これは平均と照らし合わせた結果であり、そもそも看護職員の絶対数が不足状態にあるということは覚えておかなければいけません。

宮城県の看護師の求人倍率

求人倍率

このグラフは2015年1月時点の東北地方(北海道含む)における全職業の有効求人倍率を表しています。有効求人倍率とは、求職者数に対する求人数の割合であり、1倍を下回れば職を求める人の方が多く、1倍を上回れば人を求めている企業が多いということです。 宮城における全職業の有効求人倍率は1.43倍で全国11位。全国平均は1.21倍であるため、約0.2倍上回る結果となっており、近5年の1月時点の推移では、2010年が0.42倍、2011年が0.54倍、2012年が0.90倍、2013年が1.27倍、2014年が1.36倍と、右肩上がりに高くなっています。現在では1.43倍もあることから、全職業においてはそこまで就職難というわけではありません。なお、東北地方で最も高いのが福島の1.58倍。ついで山形の1.23倍、岩手の1.17倍、秋田の0.99倍、北海道の0.74倍、青森の0.70倍という結果になっています。 宮城における看護師(准看護師、助産師、保健師含む)の有効求人倍率は2.08倍。全国平均が2.70倍であることから、かなり低い倍率を推移しています。東北他県で最も高いのは福島の3.40倍。ついで、秋田の2.28倍、山形の1.94倍、北海道の1.72倍、岩手の1.42倍、青森の0.99倍。東北地方では、福島以外、全ての都道府県が全国平均を下回り、中でも青森の0.99倍は全国ワースト1位で、総じて東北地方の看護師の有効求人倍率は低くなっています。 しかしながら、有効求人倍率が低いということは、それだけ病院など各施設における看護師が充足しているということであり、多忙を極めるということはあまりないと言えるため、宮城をはじめとする東北地方の各都道府県は、慌てることなく落ち着いた環境下で仕事をしたいという方にとって最適な地域と言えるでしょう。

宮城県の看護師求人のまとめ

宮城は東北地方の中で中型・大型病院が集まる地域です。300床以上でスキルアップのサポートが充実している病院も多く、職場環境が比較的安定していると言えます。東日本大震災の影響をうけて、一時的に多くの看護師が他県への転勤を余儀なくされましたが、現在ではある程度復旧の目途がついたことで、「残業なし」や「日勤のみ」といった優遇処置を行う病院数が増え、有給休暇の消化率100%を目指す病院など、職場環境が良好な病院が数多く存在します。 宮城の看護師の平均月収は22万3214円で、全国平均より2万円ほど下回っており、准看護師が20万0314円、助産師が23万7381円、保健師が19万7535円で、看護職全てが全国平均を下回っています。それゆえ、宮城は高収入が望める地域とは言えません。しかしながら、良好な職場環境は非常に大きなメリットであるため、せわしなく働くのは嫌だという人には最適な地域と言えます。 宮城における看護師の求人倍率が2.08倍で全国平均より下回っているものの、求職者1人に対して2件の求人があるため、比較的容易に就職することができます。また、気に入った求人先で働ける可能性も高いと言えます。宮城は、東北地方の中で充実した医療施設数が多く、キャリアアップを図る上でも適した地域ですが、大型病院であればあるほど人気が高い傾向があるため、募集が締め切られないうちに、少しでも早く応募しておきましょう。

  • 宮城県で働く看護師の職場環境は?

    宮城県で働く看護師の平均年収は、およそ440万円です。平均月収がおよそ30万円で、平均賞与がおよそ80万円です。 平均年収の全国平均は、およそ462万円なので、全国平均よりも、かなり低いです。 男性の場合の平均年収は、およそ431万円で、女性の平均年収は、およそ440万円です。 宮城県は、看護師が不足しているため、さまざまな分野の病院で求人をしています。求人が多いので、自分に合った、労働環境や収入、福利厚生などの条件の良い病院を探しやすいです。転職をする人も多いく、インターネットの求人サイトが充実しています。

  • 宮城県で働く看護師の年収はどのくらい?

    プロ野球日本一になった楽天球団が本拠地を構える宮城県ですが、宮城県の看護師の都道府県別平均年収データ(平成24年度)によると、宮城県の看護師の平均年齢は38.6歳です。全国平均は37.3歳なのでやや高い程度です。 また平均勤続年数は9.4年で全国平均は7.1年なので、比較的同じところで働き続ける傾向が見られます。 そして気になる平均残業時間は8時間で、全国平均は7時間です。 このことから保守的で実直な看護師の姿を見る事ができます。 転職を考えている人は、これらのデータを頭に入れておくと、求人案内の比較検討がしやすくオススメです。 また、これから新卒の人もこれらを踏まえて求人募集に応募してみましょう。

1分間で無料会員登録

ジョブデポモバイルサイト

モバイルからいつでもアクセス!

看護師の体験談・口コミ情報

  • 看護師の年収・給料
  • 看護師求人ランキング

採用担当者様へ

完全成功報酬型・100%返金保証付き

お電話下さい!03-5829-8035

1分間で無料会員登録
宮城県のジョブデポ看護師求人ページの先頭へ