ナースのヒント
看護師のお役立ち情報まとめ

介護施設・ケアハウスで働く看護師の5つのメリット(2017/10/25)

公開日: : 最終更新日:2024/06/06 お役立ち 東京都 全科共通 

介護施設看護師

看護師の働く場は、総合病院だけにとどまりません。新人として勤務するのは総合病院の病棟が多いと思いますが、そこで基礎を身につけた後は様々な場所に活動の場を広げることができます。今回は、介護施設やケアハウスで働く看護師の仕事についてまとめました。

 

1、介護施設やケアハウスで働く看護師の仕事内容は?

高齢者の増加により、介護を必要とする人の数も年々増大しています。在宅で介護をすることは家族の負担が大きく、独り暮らしの高齢者も増えているため、介護施設やケアハウスの需要は高まる一方です。介護施設やケアハウスでは、原則大きな治療を行うことはありません。では、介護を主とする場で働く看護師の役割は、何があるのでしょうか?

 

<介護施設やケアハウスでの看護師の役割>

・薬(投薬)管理

・バイタルサインの測定と入居者の健康観察

・日常生活動作の介助(排泄・入浴・食事等)

・通院(入院)の付き添い

・医師から指示された処置(創部や褥瘡など)

・家族と利用者間の連絡調整

・施設全体の管理業務

介護施設やケアハウスの入居者のケア度は、年々重度化しています。しかし、これらの施設では、看護師に一番求められることは直接ADL介助につくことではありません。看護師は利用者の健康状態を含む全ての把握と、施設の全体の管理が求められるのです。看護師が施設管理者となることも多く、日本看護協会でも介護施設における看護管理者の確保・育成について対応を始めています。

 

2、介護施設では、看護記録をどう書くの?

医療機関と違い、介護施設では看護記録の基準が定まっていません。看護師だけではなく、介護士や資格を所有しないスタッフも助手として勤務している中で記録を共有・記載するので(施設によっては、看護師のみが記録するところもあります)、総合病院のようにSOAP形式や専門用語で記録を書くことができないからです。

記録を簡素化すると、病棟勤務をしている看護師達の残業の原因でもある看護記録や看護計画に割く時間は少なくなります。それがよいかどうかは別として、記録に時間をとられることが減ると、勤務時間をより利用者のために使うことができるのです。

 

3、介護施設やケアハウスでの看護目標は、どう立てるべきか

医療機関では、標準看護計画に基づいて計画を立案して評価することが義務付けられており、これらを満たした記録ができていなければ病院機能評価における認定病院にはなれず、病院としての格や診療報酬につながりません。

一方で介護施設やケアハウスは、治療の場ではなく生活の場です。看護師の目標も当然、治療に伴う治療や症状の軽快などが目標になるのではなく、利用者が心穏やかに生活することができるように、またそのための健康状態の把握が目標となります。しかし、介護施設やケアハウスにおいては、記録も看護計画の立案も各施設の基準にゆだねられています。つまり、形ばかりの看護計画や看護目標ではなく、利用者の本当の生活に密着したものにできるのです。これは記録として残すのではなく、施設全体の目標としてどのように入居者の生活を支援していくのかという理念にもなるでしょう。

 

4、介護施設やケアハウスで働く看護師の、研修事情

管理者となると別ですが、介護施設やケアハウスでは研修や勉強会に勤務時間外で強制的に参加させられるようなことはほとんどありません。一方で、スタッフの数が少ないために研修に出すだけの人的余裕がなく、施設内全体でスキルアップする風習がないという事実もあります。

家事・育児とかけもちをして働くことの多い看護師にとって、記録と同様に研修で勤務時間が延長してしまうことはできるだけ避けたいものです。学ぶことも大切ですが、家庭とのバランスを考えると、子どもの小さいうちには一時的に割り切って研修などをセーブするのも、一つの選択ではないでしょうか。そして落ち着いた頃には学ぶことを忘れず、そして施設内で共有すれば「お互い様」になりますね。

 

5、介護施設やケアハウスで働くメリットは?

ここまで、介護施設やケアハウスでの勤務内容についてお伝えしてきました。では、医療機関と比較してどのようなメリットがあるのかまとめてみましょう。

 

<介護施設やケアハウスで働く5つのメリット>

・看護記録や看護計画の立案などが少ないので、比較的残業が少ない

・参加を強制される時間外の研修がない

・デスクワークの時間が少ない分、利用者と関わる時間を多くとることができる

・勤務時間など、家事・育児の都合によって融通をきかせられるケースがある

・組織が比較的小規模なので、自分達で自由に決定できる範囲が広い

 

まとめ

介護施設やケアハウスは医療機関にはないメリットもありますが、その分責任や判断力など、1人の看護師に幅広い知識と臨機応変な対応が求められます。自分の性格上の向き・不向きだけではなく、長い看護師人生におけるどこかで経験しておくのも非常に意義があるといえるでしょう。

 

参考文献

訪問看護・介護施設における看護管理者確保・育成に関する方向性について(案)(公益社団法人 日本看護協会|2017年4月7日)

医療施設および介護施設等における看護記録の現状(日本看護協会出版会Vol.58 No.13 51-54|鄭桂紅|2006年11月)

山岸愛梨 看護師

東京都在住、正看護師。自身が幼少期にアトピー体質だったこともあり、看護学生の頃から皮膚科への就職を熱願。看護学校を経て、看護師国家資格取得後に都内の皮膚科クリニックへ就職。ネット上に間違った情報が散見することに疑問を感じ、現在は同クリニックで働きながら、正しい情報を広めるべく、ライターとしても活動している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ナースのヒント の最新記事を毎日お届けします

こちらの記事もおすすめ

看護師の派遣と単発バイト お役立ち

看護師の派遣と単発バイトの4つのメリットとデメリット

看護師の働き方として、最近選ばれているものに派遣で働く看護師や単発のアルバイトでの看護師とい

記事を読む

看護用語

はやり目とは?流行性角結膜炎の症状や看護の5ポイントを解説

とても感染力が強く、昔から俗に「はやり目」と呼ばれている眼感染症があります。看護師ははやり目

記事を読む

バストバンド看護 看護計画

バストバンド固定中の患者を安全に診るための3つの看護計画

上腕骨近位端骨折や肋骨骨折の保存療法で使われるバストバンド。バストバンドを使用することで、患部が安定

記事を読む

沐浴の看護 看護技術

【2023年最新】沐浴の看護|看護手順・技術と看護目標、沐浴指導の観察項目

沐浴は新生児を入浴させ、清潔を保ち、血行を促進するとともに、新生児の全身状態を観察するという

記事を読む

BiPAPの外観 看護用語

NPPVの適応・観察項目、BiPAP Visionにおける操作・設定

人工呼吸法の1つである「NPPV」。侵襲性は低いものの、合併症の発症率が高いことで看護量は多

記事を読む

風疹・麻疹看護 看護用語

【2023年最新】麻疹・風疹の看護|予防接種や症状・合併症、発熱時の看護

麻疹(はしか)や風疹は予防接種がありますので、そこまで感染者数

授乳看護 看護技術

【2023年最新】授乳の看護|目標や姿勢、観察項目と看護ポイント

産科病棟で勤務している看護師は、出産後の母親の授乳の看護ケアを

食中毒看護 看護用語

【2023年最新】食中毒の看護|原因・症状・看護・予防

食中毒は腹痛や嘔吐、下痢などを引き起こす疾患です。 以前

スキンケアの看護 看護計画

【2023年最新】スキンケアの看護|看護目標・計画と手順・資格

あなたはスキンケアに力を入れて看護していますか?入院中の患者さ

腹痛の看護 看護計画

【2023年最新】腹痛の看護|観察ポイントやアセスメント・部位別疾患と看護計画

腹痛の患者さんを看ることは多いと思いますが、あなたはきちんと腹